高額塾に潜む危険性

昨晩は今回の転売企画に参加してくれた
ある読者の方とメールでやりとりしていました。
深夜だったので、調子づいてインフォ業界の裏話をいろいろ暴露してました

その内容、せっかく書いたなら全員に共有したほうが役立つと思ったので
私の返信内容を共有します。

*よりアドバイスが伝わりやすよう、一部補足を加えました。

——————————————-

Fさん

ええ、もちろん覚えていますよ。
EC業界にいるなら、転売に向いていそうですね。
購入ありがとうございます。

現在はPPCを勉強中なんですね。
私はあまり実践したことがありません。
というのも、最初は実践していたのですが
優良な記事を書けば、Googleが勝手に上位表示してくれるので
PPCをする必要がいつもないんですよ笑

名字が同じ方がいらっしゃるので、ごっちゃになってました。
youtubeで活躍されているMさんですね。
ということは、M組で小玉さんが企画したFMCにも参加するのですね。
恐らく情報発信に関してはMさんかなり長けているので
それを存分に学んで下さい。

そして、youtube、メルマガ、ブログで稼ぐ際に肝心なことは
収益が得られて、なおかつ需要があるコンテンツを発信することですね。

インフォ業界で情報発信して稼ぐには
実績のある方でないと厳しいです。
私の場合はcroozブログアフィリエイトの失敗談を素直に書くことから始まり
その後croozで成功できたので、現在インフォ業界で稼げているという経緯があります。

何も実績がない初心者の場合

1、転売など実績が得やすいもので実績を得てから、情報発信して稼ぐ
という小玉さんのゴールデンルールがありますが
情報発信して稼ごうと思った時に、Mさんや私を含め、古株のインフォプレナーとインフォ業界のパイを奪い合うわけですから
年々稼ぐことが厳しくなっていることは事実です。

*もちろん、有名人の推薦があって大量にリストが取得できた場合は稼げますよ。
私の場合はKさん、Dさんが私の商材を気に入って下さったので、彼らの推薦のおかげで
メルマガの購読者が一気に数千人も増えました。

そこで、2の方法として
インフォ業界以外で収益が得られて、なおかつ需要があるコンテンツ
(例えば私の場合は熱帯魚ブリード方法、大学受験対策、ハムスターの臭い対策など)
を1つ絞り、継続して情報発信するという方法があります

例えばこの方のサイトです。
ttp://blog.livedoor.jp/bust_improvement/

このサイトは流行のyoutubeなんて全く使っていません。
しかし、上記の原則(収益が得られて、なおかつ需要があるコンテンツ)を継続して発信し続けているので
アクセス数も安定し、ずっと収益を上げています。
恐らく毎月数十万円は稼いでいると思われます。

ただし、2の方法は即金性がないので
やはり、即金性のある転売から始めることを勧めます。

しかし、転売はある程度商材が固まると
やることがなくなってくるので
その際に2を実践することをお勧めています。

私の場合
iPhoneケース転売→バイマ、カラーミーで売上げ安定化→
Croozブログアフィリエイト実践→インフォ業界で情報発信→
ワードプレスでアフィリエイト実践

といった具合でネットビジネスの規模を拡大してきました。

前半は即金性があるものの、安定して稼げないジャンルです。
後半にいくにつれて、即金性はないものの安定して稼げるジャンルになります。

一貫して、継続して実践すれば
基本ネットビジネスはなんでも稼げるようになるので
忍耐勝負ですよ。

ここまで
——————————————-

Fさんはとある高額塾で数十万損しているという過去を持っています。

私を信頼して下さる読者もいらっしゃるので

恐らく、こちらのメルマガで高額塾のオファーを流せば
私の懐に数十万〜数百万のお金が流れ込むでしょう。

それでも、これまで高額塾のオファーを流さなかったのは
多くの方が脱落し
数十万円も損しているという事実があるからです。

これは高額塾が詐欺というわけではありません。
最近は良質なものが多く、サポート通りに実践すれば稼げるものが多いです。

しかし、主催者やサポート要員は人間ですから
その人によって相性が合う、合わないもあります。

また、いざ高額塾の内容を実践しようとしても
やっぱり、塾の実践内容に自分が興味を持てない、
積極的に実践できないといった状況が発生することも多々あります。

その時に、数十万円も損してしまうんですよ。
教育費と割り切るには、あまりに高すぎる!

だから、せいぜい数千円〜数万円の商材までしか勧められないなぁ〜と思っているんですよ。
ぶっちゃけ、人間性の高い販売者でしたら
高額塾に負けず劣らずのサポートをしてくれる人いますからね笑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ